高齢出産46歳★流産、不育症検査を経て第2子妊娠

37歳で第一子出産。不妊治療、2度の流産、不育症検査を経て 45歳で第2子を自然妊娠。 友人には良く卵があったねと驚かれ、国立成育医療センターにて46歳で出産。高齢出産を望むプレママへ応援プログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

高齢出産 ★ 不妊治療 ★ 漢方                     2003年 3月~5月 

 2003年 3月~5月 漢方 周期治療 

 病院に通い始めたが、妊娠に至らず少しづつ焦りがでてきた頃、
ネットの検索から 周期治療(漢方)に行き着きました。

家から近いのは、原宿のお店。先生は中国人の方で丁寧に問診、触診、処方して頂きました。
ただ、保険が利かないのでかなり高いのです。
1ヶ月あたり2万~3万かかりました。

でも、その頃の基礎体温は綺麗に曲線を描き、排卵あたりにはガクっとさがってきました。

 でも、その年に長女の小学校受験などがあり、時間的にも金銭的にも続ける余裕がなくなっていました。
そんな時、友人が3人目を妊娠。
その友人の一番上は娘と同級生。
上二人は男の子、どうしても3人目はあんなの子が欲しいということで 

産み分け 

にチャレンジして見事に女の子を授かったのです。

その友人の話では、その病院は

え?排卵日を血液検査でドン、ピシャで当ててくれる?

何?それ?じゃあ、気分転換に転院してみようかな?と決意しました。
今の病院になんて言って、今までの検査結果をもらおうかな?って考えて、
理由は引越しということにして更に病院は決まってないと告げました。だから、
紹介状はいりませんと話しても

紹介状を書きますから

と医院長はゆずらず、結局紹介状の作成料¥2000ぐらい払って
卵管造影の大きなレントゲンの写真まで頂いて
次の病院に行くことになりました。
その病院は

杉山レディースクリニック

続きは 不妊治療 ★ 産み分け 杉山レディースクリニック

写真は、今の服用している漢方です。この他に処方してもらう粉末を服用していました。

11-30-01


原宿の漢方の薬局 イスクラ薬局

杉山レディースクリニック








スポンサーサイト
[ 2006/11/30 09:43 ] 不妊治療 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

COME-YOU-RA

Author:COME-YOU-RA
現在、46歳です。2007年の1月に第2子を出産しました。自分の誕生日の前の日、45歳でギリギリに産まれてくれた孝行者の1900gという小さい娘でした。この第2子妊娠までに不妊治療、3度の流産、不育症検査と色々経験しました。高齢出産の方々に少しでもお役にたてればとブログ始めました。46歳にして子育て再開です。

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2ブログランキング
カテゴリー
おすすめ商品!
お薦めの本
妊娠のための食事とは?

&freearea



不妊治療を始める人のために
お薦めの不妊治療のまんが。
凄く解り易いです。



月齢別に赤ちゃんやママの気持ちが解る本
我が家のパパ絶賛

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。